女装を趣味とする方の苦労は衣服と化粧品

女装をしている人たちの苦労


30代以上で女装をしている友人が何人かいます。
彼らは心が女の人もいれば、男の人もいます。
どちらもキレイになろうとする努力はしているようだ。
ただ世間には女装趣味をかくしている人が多いので、化粧品を買ったり、女性用の服を買ったりするのには苦労するそうです。
洋服の場合通販で購入する人が多いけど、大きめサイズでかわいいものが少ないらしく、180cmを超える身長の人なんかは難しいと言っていました。

男性が女性ものを利用する苦労

化粧品も、女性と男性では油分の分量が違うせいか女性用化粧品を使うとすぐにメイクがくずれてしまうようです。
妻子がある人などは女装グッズの隠し場所にとても困っていて、有料の倉庫などを利用しているけれど、契約の際に住所を記入するのがヒヤヒヤすると言っていました。

女装専門のショップが増えてきています

一方で女装について調べ、検索していると、女装専門のインターネット通販のお店というものもあり、私は、かなり驚きました。
 その中で私がかなり驚いた事は、胸パット付きのセクシーなハイレグ競泳水着というものも女装の品として売られていた事です。
その品が残りわずかとなっていましたので、そうした物を結構購入する男性がいる事が分かり、さらに驚きました。
 さらにそこの通販のホームページを見てみると、女装のための化粧品、髭やクマを隠すファンデーションというものも有り、それが結構売れていて、品物が残りわずかとなっておりました。

コスプレ用の衣服や下着も取り扱っています。

 さらに、女性よりも男性のお尻の方が小さいので、おしりパッド入りのショーツというものも売られておりました。
 そうした女装に関するインターネットのショップを覗いて、品物が残りわずかとなっているものが結構ありましたので、女装したがる男性が多いという現実が明らかになり、私はそれにも驚きを感じました。
 考えてみたのですが、男性としての普段の圧力から一時的にでも逃避したくて女装するのかもしれないと私は私なりに、そうしたお店を見ていて感じました。